現金と電卓

有利な条件で

専門家を利用すると有利な条件で離婚できる可能性が出てきます

 一度は永遠の愛を誓い合って結婚した相手であっても、何らかの理由で夫婦として生活していくことができなくなってしまうことがあります。相手方にギャンブル狂いや暴力、浮気などといったはっきりした離婚原因があるケースもあれば、一緒に生活していく中で価値観の違いが次第に浮かび上がり、修復不可能なほどの深い溝ができてしまうようなケースもあります。いずれにしろ、もうこれ以上夫婦として生活していくことはできないという結論に達しているのであれば、あとは具体的な離婚手続きを取るしかありません。その場合は、当事者同士で話し合うのではなく、離婚専門弁護士に代理人になってもらうようにするのが得策です。当事者同士の話し合いですと、どうしても感情的になってしまう可能性があります。でも、離婚専門弁護士に代理人になってもらえば、ビジネスライクに協議を進めることができますので、有利な条件で離婚できる可能性が高くなります。

離婚専門弁護士を利用するメリットについて

 離婚専門弁護士に代理人になってもらう第一のメリットは、金銭面で損をせずに済ませられるようになる点にあります。結婚前に夫婦財産契約を結んでいるようなケースは別にして、結婚後に得た財産は、基本的に夫婦の共有財産ということになります。しかし、かなり早い段階から離婚を視野に入れた財産隠しをするケースがたまにあります。離婚をしたくても、どこにどれ位の財産があるのか全くわからず、財産分与請求することができないという人が実際に存在しています。でも、離婚専門弁護士に代理人になってもらえば、弁護士照会制度などを使って隠し財産を調べてもらうことができます。そうすれば、適正な金額で財産分与請求をすることができるようになりますので、泣き寝入りせずに済みます。