現金と電卓

どちらに依頼を

司法書士と弁護士どちらか

過払い金を個人ではなく、専門の方に依頼する場合は弁護士または司法書士で過払い金返還請求手続きの依頼を引き受けてくれます。では何が違うのかということですが、取り扱える債権の金額に違いがあります。司法書士の場合は、140万円以下の債権を取扱いできます。借入先が複数あった場合は、すべての債務合計が140万円までではなく、1社140万円までです。弁護士はそのような制限はないです。料金面ですが、司法書士のほうが安く引き受けてくれます。弁護士は過払い以外にもすべての案件を取り扱うことができるため料金も高めになります。安ければ司法書士でもいいのですが、過払い金の件で裁判で争わなくてはならなくなった場合は、弁護士に依頼しなければならなくなるケースもあります。

まずは無料相談会に参加をしてみる

以前消費者金融から借金をしていた経験があるけれど、今CMで頻繁に過払い金のことをやっているのが気になった、もしかしたら自分にも払いすぎた利息があるのではと思ったら、まずは相談をしてみることです。弁護士に依頼するとお金も高く取られてしまうといった先入観がある方でも、定期的にあなたの街で無料相談会を行っている法律事務所もあります。まずは、相談だけであれば無料ですので、相談したうえでその後の方針を決めてもいいのです。実際に過払い金の依頼をすることになった場合、もし借金をすべて完済しているのであれば着手金は無料で手続きをすることができます。残高がある状態であると任意整理をする手続きになる可能性もあります。